ホーム > 技術・ソリューション > PCB回路基板処理技術

PCB回路基板処理技術

PCBルータ加工機

東台精機TRM & DCRMシリーズルータ加工機は、高負荷のルータ加工作業に対応するため、機体及び主な部品がいずれも安定性に極めて優れた鋳鉄素材で製作され、振動に対する抑制が良好で、加工精度が安定しています。TRMシリーズは、様々な製造特性に合わせて頂部PIN式、TWO PIN式及び真空吸盤式を含む3種類のテーブル選択肢を提供し、また高精度CCD検査システムの補正θ値及び膨張収縮量を組み合わせることができます。このモデルの主軸回転数は80,000 rpmにまで達することができ、レーザ式工具測定システム、光ファイバ工具折損検出システム及び工具収納本数が最大200本の自動工具交換システムを組み合わせることができます。プレッシャーフットは、高い信頼性及び高い集塵性を持ち、加工精度を向上します。SIEB & MEYERコントローラは、優れたマンマシンインターフェースを有し、操作が簡単です。

ツールホルダ

レーザ測定

SEIB & MEYERコントローラ

深さ制御のルータ加工

従来のルータ加工機と異なり、東台のDCRMシリーズルータ加工機には、リニアゲージを搭載しています。リニアゲージのプローブが表面を探査すると作業エリアの曲面状況が得られ、更に主軸深さのZ軸高さ値と加減算すると、Z軸のダウンカットの高さを知ることができるとともに制御することができます。深さ制御ニーズがある顧客のため、より一層正確な深さ制御ソリューションを提供しています。

Mapping曲面状況

残厚制御

全域ベーク板の平面度をアレイ式検出し、コントローラで一つの仮想曲面を構築し、「残厚値」を設定してアップカットし、工具は「曲面の高さ」によって深さカット作業を行います。

アレイ式検出のベーク板

仮想曲面

残厚制御モード

深さ制御

工作物を置いた後、プログラムの「切り込み点」を読み取り、工作物の表面を自動測定し、「深さ」を設定して上から下にカットします。

自動測定

深さ制御モード

相関動画

 

お問い合わせ

最適な製品と見積りを提供致します。
製品相談
最寄りのサービス拠点を見つけます。
グローバルロケーション
設備のトラブルを解決するよう、保守サービスを提供致します。
アフターサービス
We use technologies, such as cookies, to customize content and advertising and to analysis traffic to our site. We also share information about your use of our site with our trusted advertising and analytics partners. Read our accessibly written privacy and cookie policy for full details, including how to opt out of cookies from our site. If you continue to use our site, we will assume that you are happy to receive cookies for these purposes. Click here to see our Privacy and Cookie Policy.